アラフォーバツイチって、こーゆーこと!

アラフォーバツイチの再婚活記録。

アラフォーからの再婚活アクティビティについて〜Vol.3婚活サイト、Yahooお見合いを使ってみた。

前回の予告から一変、今回はアラフォーからの出会いシリーズ、行きます。

 

あれはさむ〜い冬のことじゃった……(なぜかマンガ日本昔話風)。

 

離婚して一年半後。クリスマスを目前にして、デートしたい相手も居なかった私は、

婚活サイトに登録することにしたんじゃ。

 

38歳になって突然婚活を始めた友人が、Yahooパートナーを利用して

一ヶ月後には彼氏を作ってそのまま結婚したことを思い出して、

まずチェックしたのはYahooパートナー。

 

でもあまりのチャラ男度合いの多さに、

 

「この中からカラダ目的の男性と真剣に婚活中の男性を見抜くのは

私にはハードル高過ぎるわ〜」

 

と思い、真剣な男性が多そうな

Yahooお見合いに即以降。(注:このサービスは現在は終了してしまったらしいです)

 

私は見ず知らずの不特定多数に顔写真を公開するのは怖かったので、

写真はナシ。

 

相手に求める条件はたしか、

 

・年収600万円以上

・大卒以上

・35歳以上50歳まで

・スリム〜普通体型

非喫煙者

 

上のような基本条件に設定していたと思う。

 

基本的に私は未婚のアラフォー男性よりバツイチ男性派なので、

男性のプロフィールを見るときは、バツイチ男性を重点的にチェック。

 

数年前のことなので記憶がちょっと曖昧だけど、気に入った人には

たしか「お気に入り」みたいなボタンを押して、お互い気に入ると

メッセージ交換できる、というシステムだったような(気がする)…。

 

何人かの男性とメッセージを交換するようになったんだけど、

相手の文章からチェックしていたのは以下の4点。

 

1.こっちの質問やメールに書いた内容をちゃんと拾って丁寧に返してくれるか

結婚できない男性にありがちなコミュ障じゃないかどうか

 

2.自然などの情緒を大事にしている感受性豊かなタイプか

→一緒に美しいものに感動できるようなパートナーがいいから

 

3.エンタメ好きかどうか、音楽の趣味が合うかどうか

→私がエンタメ好きだから一緒に語りたいし、音楽の趣味が悪い男性が苦手

 

4.会話でのほどよい距離感を読めるセンスがあるか

→まだ会っても居ないのに突然距離を縮めてくるような相手は

 空気が読めないタイプだから色々キケン。例えば離婚理由をズケズケと

 聞いて来たり、とかね(会ったこともない他人にそんなこと聞くような

 デリカシーない男性がそもそも好みじゃない)。

 

長くなったので次回に続きます→