アラフォーバツイチって、こーゆーこと!

アラフォーバツイチの再婚活記録。

再婚活のためのTo Doリスト

「離婚活」してる再婚活予備軍に「今からやっとくといいよ」って

おすすめしてること。

 

それは、VIO脱毛(笑)。

 

え〜、そこぉ!?

って思いますよね。

でも、ソコなんです(笑)。

 

 離婚する数年前くらいに、あることをきっかけに思ったことがある。

それは、

いつでも25歳の男性と恋に落ちられるような状態でいよう

ってこと。

 別に25歳の男性が好みとかそういう話じゃない。実際の私は同い年くらいの

シブい男性が好きだし。

ただ、それくらいの緊張感を持って生活してることが恋に落ちるには不可欠。

そうじゃないと、いざチャンスが来たとき、

思い切って飛び込めないんじゃないか、と。

 

そこから、まず始めたのがヒザ下のレーザー脱毛。

「だから、なんでそこぉ?」って?

 

だって男性にとって、触感ってベッドの中で最も重要なものだから

 

接近戦では、全体のフォルムなんて意外と見ている余裕はない。

だから触れたときの肌触りが重要になってくる。

それにこちらとしても、触れたときにジョリってしたらどうしよう・・・なんて

心配しながらじゃ、セクシーな気分にはなれない。

 

女性って、それでなくても自己評価が低くなりがちな生き物。

アラフォーともなると、長年連れ添ったパートナーならともかく、

ご新規の男性の前で裸になるという行為のハードルは、どんどん上がって行くばかり。

だったら少しでも自分の自信があるパーツを鍛えたり、

フォルムに自信がなければ肌触りはよくする。

そうやってコンプレックスの種を取り除いて行けばいい。

 

そんなワケで、VIO脱毛はいわば、再婚活への決意表明みたいなものだと

思ってください。

 

パーツはなんでもいい。

自分の中で「今恋に落ちたら困る」ってぼんやり感じてるものがあったら、

虫歯を治すとかお腹の贅肉落とすとか痛んだ髪の毛をサロンでケアするとか、

一個ずつその原因を潰していって。

 

そして心だけじゃなく、カラダも再婚、もしくは恋愛READYな状態に

自分を整えておく。

 

不思議なことに、一旦そういうREADYな状態になると、

それが外見の空気感にも滲み出す。

その女としての現役感が呼び水となって、周りの男性があなたを女として

意識しだすのです。

 

そんなワケで、To Doリストの「心の準備編」は、明日に続くね。

 

 

 

 

 

アラフォーからの再婚活アクティビティについてVol.2〜同級生へのアンカー効果を狙え

はじめに——

毎日更新と言っておきながら、スタート3日目にして2日間の空白・・・(涙)!

面目ないっス・・・!! もし続き楽しみにしてくださっていた方がいたら本当に

すみません。今日からはまじめにコツコツ更新します!!

 

さて、前回の続きです。

アラフォーバツイチなんてこの世の終わりじゃん、一体どこでどう出会うのよ?

そもそも出会いなんてあるのかいな? ——そんな風に思った時代が私にもありました。しか〜〜し!! 

この記事を読んでみて。

news.yahoo.co.jp

70歳の老人たちが恋を謳歌しているのよ?

私たち40代が出会いがない、なんて、ただのモテない言いワケなのよっ(喝!!)!

わかった?

……いやいや、かく言う私も、実は元夫と出会ってから16年間、他の男性と

一切デートもして来ませんでした。

ただし、離婚する前に3年間の別居期間という「ザ・女としての危機感」を感じる

時期があったので、その間に徐々にリハビリして恋愛いつでもバッチ来い!状態に

自分の心とカラダを慣らして行く、準備期間はありました。その間にやったこと、コレやっとくといいよ的なネタは、

また別の機会にお話したいと思います。

 

で、「ザ・女としての危機感」ってなんぞや?っていうと、コレはずばり、

「この先女として愛されることが再びあるのか?」という不安。

私の場合元夫とレス状態だったこともあるので、「私ってもう女として魅力が

ないんじゃないか?」、とかなりの自信喪失気味でした。

 

でもね。——ここで本題に入るわよ?——

安心してください、同級生にとってはいくつになったって、

あなたはオバさんなんかではありません。

ここでようやく前回の続き、アンカー効果について説明したいと思います。

 

アンカー効果(別称、アンカリング効果とも言われる)

マーケティングなどでよく使われる、心理学用語のこと。

人は、購買する商品に対しての情報が少ない場合、

その商品の価値を判断するにあたって、最初に受けた印象に引っ張られがちである。

 

ざっくりまとめるとこんな感じ↑

つまり、これをアラフォーバツイチの恋愛に当てはめるとするならば、

学生時代に「可愛い」とか「綺麗」だと思っていた相手や「好き」とか「憧れ」だった

対象は、現在の容姿の状態が多少衰えていたとしても、

当時の印象の方に引っ張られ、あなたを4割増しくらいに見せてくれる

というワケ。

 

こう言うと、「それって学生時代から美人だった子にしか当てはまらないじゃん!」

って思うかもしれないけど、そうじゃない。

 

もしあなたが学生時代美人とかモテカテゴリーに入っていなかったとしても、

そこからちょっとでも綺麗になっていることが出来れば、

「久しぶりに会ったら綺麗になってた○○さん」ということで、

かなりのポイントアップが望めるのです。

 

今から出会う男性たちにとってはあなたはありのままの等身大の○○さん。

でも同級生(というか昔のあなたを知っている誰か)にとっては、

「あの頃の」という枕詞(まくらことば)がつく○○さん。

その特別感が重要。

 

同窓会もクラス会も予定ないし・・・という方は、今すぐSNS

過去の知り合いすべて洗い出すべ〜し!!

アラフォーの今だからこそ、みんな「同級生」の繋がりに飢えている。

20代や30代のときには会いたいとも思わなかった同級生の有り難みが

わかる時期。それがアラフォー。

 

きっかけは何でもいい。

Facebookでみつけた同級生の男子(いや女子でもいいこの際!)に

「久しぶり! 元気だった?」ってメッセージ送るだけで、SNSを介して

芋づる式に昔の知り合い同士が繋がるはず。そしたらふたりで会ってもよし、

みんなで会ってもよし。

 

ただし、会う前には必ずエステや美容院に行って、

今の時点で最大級に美しい自分になって欲しい。

そうしたらそれだけでも、「生活感漂う同級生たちの間で、今も

現役感ある○○さん」っていうイメージが強い印象を残せるから。

しかもあなたはバツイチ。

離婚という過酷な経験を乗り越えたあなたは、「めぞん一刻」の

音無響子さんバリに、男性たちにとって気になってしょ〜がない存在に

なれちゃうはず。

 

もっと言うと、久々にあった同級生男子(とあえて呼ぶ)

に「おっ」って思われるかどうかが、

あなたの女性としての魅力のバロメータになると言っても過言じゃない。

だって上に書いたような事情から、初対面の男性よりあなたに対する

採点がずっと甘くなるんだもん。

 

だから恋愛の現場から長らく遠ざかっていたという方には特に、

リハビリも兼ねた再婚活アクティビティとして、まずは同級生と会うってことを

私としては強く勧めたいのであります。

 

そして私の16年間の空白期間からの再婚活も、そこからすべて始まったのでした。

 

 

 

 

 

 

アラフォーからの再婚活アクティビティについてVol.1〜同級生へのアンカー効果を狙え

アラフォーって一体どこで出会うの?

っていうのは、離婚活を始めた人や、バツイチにとって切実なギモン。

そんなワケで、今日はアラフォーバツイチの出会いの場について。

 

いちばんの出会いの場は、なんといっても同窓会だと思う。

同窓会って言っても、実際の同窓会だけじゃない。

mixiからFacebookTwitterまで、あらゆるSNSを駆使して

すべての年代のときの(幼稚園から中高、大学まで)同級生をくまなく探すべし!

 

今では住所すらわからない20年以上ご無沙汰している同級生にたどり着けるなんて、

SNS、まじ神。いい時代になったもんだ。

 

もちろんこの年齢になれば、相手が結婚している可能性は限りなく高い。

でもアラフォー世代だからこその、同級生の新鮮さとありがたみ。

そして少しでも綺麗になったり美貌を保っていれば、

同級生だからこそ、アンカー効果であなたの評価は通常普通に出会う相手からの

評価よりも、4割り増しくらいになる。

 

長くなりそうなので、今日はここまで。

続きはまた明日更新します!

アンカー効果とは一体なんぞや?

そして私が実際に出会った同級生との恋の顛末は? 

などなど、つらつら書いて行きたいと思います。