アラフォーバツイチって、こーゆーこと!

アラフォーバツイチの再婚活記録。

アラフォーからの再婚活アクティビティについてVol.3〜婚活サイト、Yahooお見合いを使ってみた。完結編

Yahooお見合いで初デートしたKさんから、帰宅後の夜、

メッセージが届いていた。

 

「今日は楽しかったです。Nさんとまた会いたいです。

よかったら僕と付き合ってください。もっとNさんのこと知りたいです。」

 

※ここで解説しよう(何故か戦隊アニメ風)! 

Yahooお見合いでは、メッセージ交換を何度かしたあと、

「お見合い日程」という機能を使って会う日程を決めるというシステムがあるのだ

(ちょっとウロ覚えだけど)。

デートしたあと、交際するかお断りする、どちらかの答えを選ばなければならない。

なんとも世知辛い、合理的システム……!

 

でも私の答えはもう、決まっていた。

 

——実はKさんの他にも、メッセージ交換している男性が私には何人か居た。

その日も、独りよがりな“俺通信”を送って来た男性のメッセージが届いていた。

 

「今日も朝から市場に仕入れに行ったよ。寒くてしもやけが出来ちゃった」

 

それを読んだら、余計に私の決意は固まったのだ。

 

好きな人からだったら、そんな他愛もないメッセージでも嬉しいよね。

けど違う。会ったこともない人にそんなこと言われても、興味持てない、私。

 

深呼吸してから、パソコンに向かって、Kさんへの最後のメッセージを書き込む。

 

「今日は私も楽しかったです。パンケーキ、美味しかったですね。

Kさんの気持ち、とても嬉しいです。

でも、私はKさんと付き合うことは出来ません。ごめんなさい。

お世辞じゃなく、Kさんは誠実で真面目で、素敵な男性だと思います。

Kさんだったら絶対にいい人みつかると思います。

お会いできて嬉しかったです。幸せになってください。」

 

メッセージを送信すると、私はそのままYahooお見合いを退会した。

 

…えっ? ひとりしか会ってないのに判断早すぎって?

いやいやいや。

私はアラフォー(正確には40歳)。ムダにする時間は一秒もない。

そして決断が早いのは私の長所。

ここは私の狩り場ではない。それがわかったから、次に行くのみなのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラフォーからの再婚活アクティビティについてVol.3〜婚活サイト、Yahooお見合いを使ってみた。その5

再婚するなら誠実な人。

 

そう思いながらも、私は、待ち合わせでKさんに会った瞬間から、

これは私の求めるものじゃないな、とわかっていた。

 

占いで「あなたは恋愛体質だから結婚は向いてない」って言われるたび、

「いやいやいや。13年間結婚してましたし! 恋愛体質じゃないですし!!」って

心の中で反論していたけれど、やっぱり私、ときめかない相手と結婚は出来ない。

 

というより、好きな相手と結婚したいだけで、結婚がゴールではないんだ、

ってこと。

 

だってさ、アラフォーったって、平均寿命残りの人生まだ40年以上あるのよ?

好みでもない男性と、安定のためだけに40年間も一緒に暮らせない。

 

そんなの、絶対にムリ。

 

赤レンガ倉庫のbillsで一時間半くらいお茶したあと、

Kさんは私を駅まで送ってくれた。

 

その時点で、私は、「Yahooお見合いは退会しよう」とすでに心に決めていた。

 

 

アラフォーからの再婚活アクティビティについてVol.3〜婚活サイト、Yahooお見合いを使ってみた。その4

イガグリ頭に、ネイビーのピーコート。

めちゃめちゃ真面目そうな男性が、そこには座っていた。

 

い、イガグリ頭・・・・・・!・・・は、予想してなかった。

 

上からでなんだけど、決してブサメンではない。

 

だけど、今までつきあってきたのは女性にモテるスマートな

雰囲気のシュッとした男性ばかり。

 

そんな彼らとは、明らかに異なる空気を醸し出しているKさん。

 

ん〜、ひと言で言うならば、実直で真面目そう?

華やかなムードはゼロ。

 

——いやいや、思い出して!

私は浮気三昧の元夫に懲りて、次はとにかく誠実で真面目で

浮気しない人がいいって思ってたはずよ?

 

「こんにちは。Kさんですよね?」

軽い落胆のあと、意を決して男性に話しかける。

 

挨拶がひと通り済むと、「とりあえず赤レンガ倉庫にでも行きますか」ってことに。

 

デートするカップルで賑わう冬の日曜の午後。

赤レンガ倉庫のbillsは激混みだ。

 

 

話してみてわかったこと。

 

・Kさんは横浜の製造系の会社に勤めるサラリーマン

・横浜のマンションに住んでいる

・6大学のうちのわりと真面目で堅い大学卒

・大学時代は陸上部で部活中心

・ゆえに女性ともそんなに遊んだことがなく、奥さんは学生時代の知り合い

・長野出身

・奥さんとは9年暮らしたのだけど、ある日突然一方的に

 離婚したいと告げられた。理由は、「好きな人が出来たから」

 

数週間メッセージをやり取りしていたから、

初対面だけれどなんとなくお互いの人柄は想像がついていた。

 

やっぱりKさん、真面目……。

私の読みは間違ってなかった。

 

そして話していてすぐに、あることがわかってしまった。

 

Kさんと私、恋愛偏差値が違いすぎる。

 

さらに、趣味はジョギングくらいでほかは会社と自宅の往復だけの

日常を送るKさんに対し、

好奇心旺盛な私はいろんな方向に興味があって、食べ物やお店や

情報を知っているし、行動的。

 

要するに、

 

物足りない

 

のだ。

 

 いやいやいやいや。

ちょっと待て私!

 

求めているのは、

誠実で浮気しなそうな男性だったはずよ!!!!!!!!!????????